カテゴリ: 清水山

DSC00136
道中は、粉雪舞うでしたが~、大観峠展望台まで。
下界は見えましたが、霞がかかったように薄らで、寒々でした。

本日の最大心拍数は、計測はじめて初の171 bpm。清水山の電波塔あたりです。激坂で、しかも、歩いている人が多いようで、木の幹が血管のように、地上に這っていてゴツゴツ。上り切れず、途中で草地の斜面に倒れてしまいました。幸い転げ落ちることはなかったのですが、その緊張もあってか、心拍数も170突破でした。2~3分その場で、呼吸を整えて下りとしました。ここから東に行ける道は発見できずでした。

ここでの振動が結構前輪に堪えたらしく、車に、TAGETEを積む際分かったのですが、前輪が緩んでガクガクしてました。よく外れなかったもんだわ、です。

DSC09701
走りはじめは、清水山にある、三ヶ所のお寺を巡りました。
一箇所目の清水寺は、元旦ということもあり、参拝者が多く混雑してました。

DSC09702
二箇所目は、初めての、永興寺。 ご本尊は千手観世音菩薩。

DSC09707
三箇所目は、しゃくなげ寺(八楽会奥の院)。
4月上旬には1000本のしゃくなげが咲き誇るそうです。

ここに参拝していたら、ご住職らしい方が、隅にある水は甘いよ~って、言われたもんでいただいて参りましたが、軟水のようで、コーヒーにしたら旨いだろうなぁ~でした。
DSC09711



)

SnapCrab_273
午後の部は、雨が降りそうなので、清水山へ。女山から時計回りです。

大観峠展望台付近から、ポツポツと降ってきた。常に着ているのはバイク用のライディングジャケットで濡れてもいいものです。電動アシストMTBも濡れても平気な仕様。

それでも、濡れたくはないので、急ぎ下る。くねくね道なので、前方から車の注意(一台もこず)し、転倒しないように急いだ。路面は、スタート地点に戻るまで濡れる程度にもならなかった。下り計測34.2km/h。私の前方に軽自動車は走っていたので、追い越すことはできなかったので、この程度にはなりました。

SnapCrab_264
ついに、清水山の大観峠展望台の入り口から東に抜けられました。下記はその部分を拡大したところ。100Mほどですが、道とはいえないところを通過します。2Mほどの落差がある斜面もありました。

今日で3回目のトライ。気合い入れて徒歩で探し回りました。やっと見つけた時は、小躍りしたくなるほどでした。ここを抜けるとずっと下りですが、もっと南に下って大周回ができることにもなります。ただ、帰りが一般道を通るので、そこんところがムダっぽい(^^;)
555566

下記は、通過後200Mほど走った行ったところ(上のマップで-山川町河原内と書いてある付近)。舗装はしてあるものの、この先は車は行けないので、落ち葉は落ち放題に。
DSC09558

SnapCrab_267
SnapCrab_266

DSC09396
今日は朝方、清水山に行ってはみたものの、100mも走ったら霧雨が小雨に変わって即断念。午後16:00頃に再トライ。上の写真は(3)→(4)の道。結構暗くライト点灯でした。

逆時計回り。紅葉も過ぎ、また、時間も遅いので、途中、一人も出会わずでした。今日は、最高心拍数が141ですが、ケイデンス(踏む回転数)が一定になるように、ギアもだが速度にも気をつけて走ってみた。ギアを軽くしたら、速度を落とさないように回転数を上げると、その分キツクなる。それで、ギアを軽くしたら、回転数を一定に保つ為に速度を落としてみた。これで、かなり楽になったことが心拍数からも分かる。

大観峠展望台から(1)→(4)と、女山展望台をショートカット。ダウンヒルにはなるものの、(1)→(2)は、小石がごろごろで、ブレーキでタイヤをロックすると滑ってしまう。ほどよいブレーキングが難ししい。(3)→(4)は、今回初めての道。暗くライト点灯。また、路面も濡れていて危なかった。

1216

SnapCrab_229
SnapCrab_230


SnapCrab_174
今日は、女山周辺を探索。八楽奥之院に初めて行きましたが、ここ、卑弥呼を祀ってあるということで、大きな卑弥呼観音像もあり、奥まったところに、こんなところがあったことにビックリ。

その入口際から、左に折れて上りで、いつもの道に、下って、女山のオルレコースをTAGETEで行けるところまで(階段のあるところまで)行って戻り。歩いたときはそう感じなかったのですが、30度ほど激坂上りもあって、心拍数は160超え。

また、いつもの道にでて、今度は、両側にみかん山があるところから曲がらず直進。ここは下りと思いきや、激上坂で、しかも、石がゴロゴロで転んだら怪我するだろうなとヤバイ道でした。ここら辺は立木も多く、晴天でも暗く、しかも寂しい。心拍数は、ここでも160超え。

もう一箇所行きたいところというか、地図では行けそうな道がありましたが、実際に行ってみたら、まったく人が通った形跡がないのでパス。

はじめて走る道は、道を間違ってないか、ほんとに行けるか、イノシシはでないか等、ずっと緊張しているようで、心臓はバクバクです(^^;)
DSC00213

SnapCrab_180
SnapCrab_181

DSC09167
(竹林の中の激坂が続きます)

女山展望台までは、電動アシストMTB・TAGETEで何度も行ってますが、今日は初トレッキングしてきました。女山までは、清水山のオルレコースがあり、所々にリボンが付けてあったので迷うことはなかった。このコース、電動アシストMTBでは上れない。長い階段があり、女山展望台(標高200m)までの1.2kmは超激坂。心拍数は150超えで、小休止を何度か入れて、なんとか展望台まで辿り着けました。T字のステッキは棒状ステッキよりは、T字の上に体重乗せられたので正解だった気がします。

一周して感じたことは、電動アシストMTBは勾配30度が限界ですが、人間の足というのは、ほんとによくできていると思う。どんな激坂でも、一歩一歩ゆっくり歩けば到達する。素晴らしいです。

でも、私には向いてないな、です。電動アシストMTBの場合は、きつくて山頂までたどりつけない場合は、反転して下ればいいだけで、ブレーキングは必要ですが、体力的にはなんの負担もない。トレッキングは下りでも用心して降りないと転ぶ危険ということと、膝の負担というものも考えていなければならない。ということで、トレッキングは、これが最初で最後にしておきます。

SnapCrab_136

SnapCrab_137
127 bpm/平均心拍数  160 bpm/最大心拍数
SnapCrab_138

SnapCrab_139
杖はI型にもT型にも持てるタイプ選びましたが、激坂上る際は、取り手のT型を真横にして鉄棒を引き寄せるような感じでWで使ってました。

DSC09176
今日の日の為に、帽子と杖を準備しました

DSC09181
紅葉も今日で最後。乾いた落ち葉もきれいでした

DSC09194
女山の展望台からのパノラマ写真です。クリックして拡大して下さい
快晴で、遠くまで見渡せました。

DSC09214
斜面一面、赤い紅葉のジュータン

DSC09207
サザンカの花もたくさん咲いてました。
花びらも道にたくさん落ちてて、その上を歩くのは超贅沢な気分。

DSC08926

DSC08956
午前中はいつものように清水山周回。女山の展望台から西に入る道があり、そこはオルレコースの一部。車は入れない。(2)の場所に行ってみたら、絵に描いたように美しい紅葉が。昼は法事に呼ばれていたので一旦帰りましたが、法事が終わって午後の部で、また、行ってきてしっかり写真撮ってきました。

午後の部はオルレコースを探索。(1)→(2)に行けるか入ってみましたが、(1)のところで激坂、石ころだらけの勾配30度。危なすぎるので、TAGETEをしばらく押して進んでみましたが、先が階段となっていたので断念。戻ってスタート地点から(2)に行き撮影。戻って(3)のオルレコース入ってみたものの、今度は土坂の激下り坂。立て看板で「滑るので注意」とありましたが、スパイク靴を履いてても、滑りそうなところで、当然断念。スタート地点から(4)まで行ってはみましたが、こちらも激坂になってて断念。

清水山のオルレコースは、MTBのトレイルライドコースにはならないことは分かりましたが、収穫としては、女山展望台付近の紅葉。週末までは、いいと思います。なお、女山の展望台近くまでは車で行くことができます。

無題-1



Screenshot_20171112-170626
山旅ロガーのスクリーンショットです。この方が標高がよく分かりますね。
いつもの清水山・大観峠展望台です。夕暮れになると、さすがに誰も居ませんね。
14

DSC_7887
本日の〆はいつもの、女山→清水山(大観峠展望台)→清水寺。
大観峠展望台での夜景はいまいちでした(^^;)
帰り道は、当然、真っ暗でナイトライド。
うさぎが飛び出て来て、何を思ったのか、私と同じ進行方向に逃げたので10秒ほど追走でした。それから、しばらく走ったら竹藪の方から切り落とすような大きな音。あれは、イノシシだったかも、、、です。

SnapCrab_013
真っ暗になった、午後6時6分スタート。さらに角度調整した9000ルーメン2灯のヘルメットをかぶって。光は約180度と車より広範囲に明るい。しかも、常に目線に光があり、たいへん安心感があります。どこまでも行けそうですが寂しすぎました(^^;)また、タイヤのパンク、転倒等のトラブルあった際は、けっこうヤバイ感じです。

安全パイとしては、夕暮れまでに山頂に行き、夜景を眺めてから、帰りは下りで、真っ暗くらいがよさそうです。ということで、次回は、その予定で大観峠展望台に挑戦してみます。
DSC_7869

映像では、だいぶ暗くなってますが、実際は、けっこう明るいです。

DSC03869
17:15では、大観峠展望台からの展望では、まだ陽は沈まずでした。
女山の下の駐車場から、大観峠展望台まで4.8KM。
慣れたようで、今日は、131 bpm/最大心拍数 でした。
SnapCrab_140

DSC03693
雨レーダーで確認したら、当分は降らないようなので、清水山を北から入る。山道に入るまで、一般道を走ったら向かい風で、まるで坂道を走っているよう。もちろん、アシストは5です(^^;)

吹き荒れている山道には、葉っぱはもちろんですが、小枝がたくさん。こいつらを踏んで折れればいいが、妙に折れずスポークに入り込んだら、後輪はまだしも、前輪なら大転倒になるだろう。特に下りはスピードがでているので、こいつらを踏まないようにしている。

下記は清水山。なだらかで標高は350M。山頂に電波塔がありますが、そこら辺は立ち入り禁止。見晴台としては、山頂から直線で550M南に大観峠展望台がある。台風が接近しているというのに、空気が澄んで遠くまで見渡せました。

大観峠展望台まで徒歩で上っている人も多く、4~5人は必ず途中で出会います。
DSC03685

DSC03689

SnapCrab_105

130 bpm/平均心拍数
157 bpm/最大心拍数

SnapCrab_106

DSC03677
夕方4時頃、再度、清水山へ。
雨がいつ降ってくるかと、シフトアップ(ギアを重く)しオーバーペースで走ったら、けっこうキツカッタ。(^^;)
どんより雲で、道は薄暗くライト点灯でした。

SnapCrab_104

126 bpm/平均心拍数
155 bpm/最大心拍数

SnapCrab_103

DSC03671
いつもの、女山→清水寺→女山です。
行き慣れた道は、最初走った時のドキドキ感が段々と薄れますね。
今度、夜に走ってみようかと。

清水寺の階段のところの鳥居をパッチリ。
ん??
お寺で鳥居?
神社で鳥居でなかった?

SnapCrab_100

vlcsnap-00001

大観峠展望台から、西の道に行けるということで、午前、午後と二回トライしたけどダメでした。木々が散乱してたり、超激坂になってて、TAGETEを押して進んだけど発見できず。確かにGPSでは地図の道に乗っているんだけど、上の写真のごとくで、とても道というものではない。以前断念した、西側から再度トライしてみます。

SnapCrab_120


女山麓駐車場←→清水山 12.5kmを往路。
竹屋まで、軽く往復するつもりが、結局、上まで(^^;)

勾配に注意して見てましたが、清水山大観峠の入り口の50m程度が15度程度で、あとは10度以下でした。10度あると、歩くのは結構大変ですが、TAGETEは楽々です。

牛角のハンドルは、端ギリギリまで持つと手幅の間隔が、若干広くなった感じです。また、ふくらはぎに巻く、安全長脚絆は、適度の締め付け具合が気持ちいい~です。

DSC02144
<清水山・大観峠展望台/さすがに有明海は望めず>
10時頃から雨が降る予報でしたので、家から20分で清水山麓へ。それから、大観峠展望台へ。距離6KM、、時間30分と、通常の半分でしたが、しかたなしです。ここは勾配10%が多い、大観峠展望台への入り口付近は勾配15%。
SnapCrab_064

↑このページのトップヘ