カテゴリ: 清水山

Screenshot_20171112-170626
山旅ロガーのスクリーンショットです。この方が標高がよく分かりますね。
いつもの清水山・大観峠展望台です。夕暮れになると、さすがに誰も居ませんね。
14

DSC_7887
本日の〆はいつもの、女山→清水山(大観峠展望台)→清水寺。
大観峠展望台での夜景はいまいちでした(^^;)
帰り道は、当然、真っ暗でナイトライド。
うさぎが飛び出て来て、何を思ったのか、私と同じ進行方向に逃げたので10秒ほど追走でした。それから、しばらく走ったら竹藪の方から切り落とすような大きな音。あれは、イノシシだったかも、、、です。

SnapCrab_013
真っ暗になった、午後6時6分スタート。さらに角度調整した9000ルーメン2灯のヘルメットをかぶって。光は約180度と車より広範囲に明るい。しかも、常に目線に光があり、たいへん安心感があります。どこまでも行けそうですが寂しすぎました(^^;)また、タイヤのパンク、転倒等のトラブルあった際は、けっこうヤバイ感じです。

安全パイとしては、夕暮れまでに山頂に行き、夜景を眺めてから、帰りは下りで、真っ暗くらいがよさそうです。ということで、次回は、その予定で大観峠展望台に挑戦してみます。
DSC_7869

映像では、だいぶ暗くなってますが、実際は、けっこう明るいです。

DSC03869
17:15では、大観峠展望台からの展望では、まだ陽は沈まずでした。
女山の下の駐車場から、大観峠展望台まで4.8KM。
慣れたようで、今日は、131 bpm/最大心拍数 でした。
SnapCrab_140

DSC03693
雨レーダーで確認したら、当分は降らないようなので、清水山を北から入る。山道に入るまで、一般道を走ったら向かい風で、まるで坂道を走っているよう。もちろん、アシストは5です(^^;)

吹き荒れている山道には、葉っぱはもちろんですが、小枝がたくさん。こいつらを踏んで折れればいいが、妙に折れずスポークに入り込んだら、後輪はまだしも、前輪なら大転倒になるだろう。特に下りはスピードがでているので、こいつらを踏まないようにしている。

下記は清水山。なだらかで標高は350M。山頂に電波塔がありますが、そこら辺は立ち入り禁止。見晴台としては、山頂から直線で550M南に大観峠展望台がある。台風が接近しているというのに、空気が澄んで遠くまで見渡せました。

大観峠展望台まで徒歩で上っている人も多く、4~5人は必ず途中で出会います。
DSC03685

DSC03689

SnapCrab_105

130 bpm/平均心拍数
157 bpm/最大心拍数

SnapCrab_106

DSC03677
夕方4時頃、再度、清水山へ。
雨がいつ降ってくるかと、シフトアップ(ギアを重く)しオーバーペースで走ったら、けっこうキツカッタ。(^^;)
どんより雲で、道は薄暗くライト点灯でした。

SnapCrab_104

126 bpm/平均心拍数
155 bpm/最大心拍数

SnapCrab_103

DSC03671
いつもの、女山→清水寺→女山です。
行き慣れた道は、最初走った時のドキドキ感が段々と薄れますね。
今度、夜に走ってみようかと。

清水寺の階段のところの鳥居をパッチリ。
ん??
お寺で鳥居?
神社で鳥居でなかった?

SnapCrab_100

vlcsnap-00001

大観峠展望台から、西の道に行けるということで、午前、午後と二回トライしたけどダメでした。木々が散乱してたり、超激坂になってて、TAGETEを押して進んだけど発見できず。確かにGPSでは地図の道に乗っているんだけど、上の写真のごとくで、とても道というものではない。以前断念した、西側から再度トライしてみます。

SnapCrab_120


女山麓駐車場←→清水山 12.5kmを往路。
竹屋まで、軽く往復するつもりが、結局、上まで(^^;)

勾配に注意して見てましたが、清水山大観峠の入り口の50m程度が15度程度で、あとは10度以下でした。10度あると、歩くのは結構大変ですが、TAGETEは楽々です。

牛角のハンドルは、端ギリギリまで持つと手幅の間隔が、若干広くなった感じです。また、ふくらはぎに巻く、安全長脚絆は、適度の締め付け具合が気持ちいい~です。

DSC02144
<清水山・大観峠展望台/さすがに有明海は望めず>
10時頃から雨が降る予報でしたので、家から20分で清水山麓へ。それから、大観峠展望台へ。距離6KM、、時間30分と、通常の半分でしたが、しかたなしです。ここは勾配10%が多い、大観峠展望台への入り口付近は勾配15%。
SnapCrab_064

台風5号が鹿児島沖を高知の方に、ゆっくりと進んでいるのですが、こちらには雨はなく、10M前後の風のみ。ということで、今日の清水山には北側から入ることに。そこまでリエゾン(移動)が必要で、高速道路側の道を通ったら、うるさいのなんの。次回は他の道を探すことに。大観望まで上りましたが、けっこう遠くまで見渡せました。下りは清水寺方向ですが、上ってくる人、下って行く人、20名近く。

SnapCrab_030

122 bpm/平均心拍数
148 bpm/最大心拍数

SnapCrab_016

いつものコース。朝方雨が降ったようで湿ってました。
傾斜のきつい下りで、MTBから下りて歩いたら、ツルツルで危ない危ない。

117 bpm/平均心拍数
146 bpm/最大心拍数

DSC01543
女山(ぞやま)史跡森林公園展望所から

DSC01552
清水寺、三重塔

DSC01554
清水寺までの階段入り口

DSC01557
清水寺近くのグラウンド

コースはいつもの場所。バッテリー使用量10%程度です。上りはアシスト5。下りは1です。上りのキツイところは、ギアを軽くしますが、踏む回転数が上り過ぎるこれまたキツイので、ほどほどのギアにし、ベダルの踏み込むタイミングを両足とも、ペダル位置が2時で強く踏み込むことを意識すると、トタンに楽になります。

女山の展望台は、舗装道から、一気に上まで上がりました。TAGETEの登坂力はもの凄いです。ここでの心拍数が本日の最大で156でした。大観望、三重塔、グラウンドと寄り道して、約1時間でした。

SnapCrab_168

120 bpm/平均心拍数
156 bpm/最大心拍数

SnapCrab_131

自宅から、車で約20分の所の清水山。周回定番となりましたが、雨が上がった午後行ってきました。今日は大観望まで。どうやら、午後は登山者は少ないらしく、すれ違ったのは4名でした。GARMIN ForeAthlete 225Jは、常時心拍数表示(とっても見やすい)もしてますが、145超えたらブルルと振動するのも便利です(要設定)。本日の最大心拍数153でした。

SnapCrab_085
午前中に雨があがりましたので、3時頃に清水山の方に。

女山の方から上りで、古僧都山の方に下りの周回コースです。時間的には30分。以前は(1)あたりで心臓バクバクで、(2)で引き返したことがあります。こちらの上りは、けっこうキツイです。でも、TAGETEでは、立ち止まることなく、なんなく周回できました。

スタートして、すぐ感じたのは、香りです。杉だと思うのですが、全部肺に入れて持って帰りたいほど、香り立ってました。路面は湿ってて、竹の枯れ葉が散在していたし、木の一部が剥がれて散乱していたり、竹が道路に倒れてふさいでいる箇所もありました。

また、路面は、苔生しているところもあり、下りは、そういうところで、滑らないように慎重にブレーキングでした。雨具の用意もしていきましたが、雨は降らず、使わないですみました。でも、やっばり1時間は走らないと物足りない(^^;)

DSC01169
ついに新しい相棒、手に入れました。公道OKの電動アシストマウンテンバイク BENELLI TAGETE です。近場の清水山の大観峠展望台まで初走行してきました。

ここ、以前の電動アシストFatBikeだと、最後の方は、坂がきつく、徒歩で押して行ってましたが、そんなこともなく、なんと一気に登り切ってしまいました。

・アシスト力は、低速時がとても強く、踏み込みを強くすると、その分強くアシストします。
 また、アシスト反応も速く、、踏み込みとほぼ同時なので、坂道からの発進もとても楽。

・バッテリーも長持ち。片道5kmの坂道をアシスト5で登ってましたが、
 ほとんど消費してないのにビックリ。

・バッテリーをOFFにしても、ベダルが重くなることがない。

私のように山道を走るのをトレイルライドと、いうことを最近知りましたが、MTBタイプの電動アシストでは、国内法に則ったものとしては、初ということで、このマシンはいまのところ、国内、唯一無二の、電動アシストMTBです。http://bit.ly/2nYwkbx

九州での販売店は、ハーレーダビットソンの販売店でもある、熊本は植木町の神山モータースです。この、電動アシストMTBの試乗車もありますよ。http://www.recado.co.jp/

DSC01167

SnapCrab_036


Snap_169

うちから15分ほど、高速・みやま柳川インター近くの清水山。何度も走って周回コースもできたところ。なんと、オルレコースとして2月19日にオープンニングイベントあるそうです。私の、周回コースに少し重なりますが、オルレコースのほとんどは登山道。けっこうキツそう。詳しくは→ここで

清水山の大観望までの登山道はオルレコースになってないですが、こちらは、常連さんがいつも通っているからハズされたのでしょうね。清水山、急坂の車道を歩いている人も多く、また、小さい小道も多く、まだまだ隠れたコースかあるようにも思います。

48

清水山の登山道、とりあえずは徒歩で入ってみましたが、ご覧の通りで人ひとり通れる幅しかありませんでした。
TAKEYAへ下るところは階段で、ここもムリ。ということで、赤い軌跡の清水山登山道は、電動アシストFatBikeはムリということでした。

しかし、人間の徒歩というのは、ほんとに凄いと思いますね。体力さえあれば、どこでも行けるですから。とはいえ、私は、そんなことするのは、さらさらなく、登山道は避け、できだけ舗装道ではない道、電動アシストFatBikeで走れる道、アドベンチャーロードをこれからも探します。

Snap_140

07

今日は、麓に消防車が20台ほど集結。なにかあったのかな?と思いましたが、清水寺から出火を想定しての消防訓練が行われていたのでした。

今日は山頂まで行って登山道はどんなものか?調べるのが目的だったので、TAKEYAからのスタート。山頂入り口手前300MはやっぱりPモードで徒歩。入り口入っても急坂で、200MほどはPモード徒歩。山頂では小雨も止み有明海まで見えラッキー。

帰りに気付きましたが風が強く、海では水平に聞こえる音も、ここでは木々揺れる音が真上から轟音として覆い被さるように聞こえ、これには、"怖"でした。

Snap_134

IMG_0672
ついに、清水山を北から昇り、清水寺経由の周回ができました。途中300mほどはPモード徒歩にはなりましたが、バッテリーも持ち、ぐるっと一周できました。山頂付近の道路は粉雪が。FatBikeの幅広タイヤは、こういう道でもヘッチャラです。

Snap_103

↑このページのトップヘ