電動アシストマウンテンバイク BENELLI TAGETEでの、
森や林などの山道を走るトレイルライドの記録

facebook内にグループ作ってます。ご参加をお待ち致します
https://www.facebook.com/groups/TrailRide.jp/

DSC09396
今日は朝方、清水山に行ってはみたものの、100mも走ったら霧雨が小雨に変わって即断念。午後16:00頃に再トライ。上の写真は(3)→(4)の道。結構暗くライト点灯でした。

逆時計回り。紅葉も過ぎ、また、時間も遅いので、途中、一人も出会わずでした。今日は、最高心拍数が141ですが、ケイデンス(踏む回転数)が一定になるように、ギアもだが速度にも気をつけて走ってみた。ギアを軽くしたら、速度を落とさないように回転数を上げると、その分キツクなる。それで、ギアを軽くしたら、回転数を一定に保つ為に速度を落としてみた。これで、かなり楽になったことが心拍数からも分かる。

大観峠展望台から(1)→(4)と、女山展望台をショートカット。ダウンヒルにはなるものの、(1)→(2)は、小石がごろごろで、ブレーキでタイヤをロックすると滑ってしまう。ほどよいブレーキングが難ししい。(3)→(4)は、今回初めての道。暗くライト点灯。また、路面も濡れていて危なかった。

1216

SnapCrab_229
SnapCrab_230


SnapCrab_190
スタートは熊本県玉名郡和水町。いつもの場所に駐車しましたが、幟旗が立ってて、なんと来年の大河ドラマ「いだてん」の主人公である、金栗四三の生家の隣でした。私は、そこから南に山道に入ります。金栗四三も中岳走っていたかも、です。しかし、金栗四三て、すごい人です。ここ、と、ここから。

今回は、"いつもNAVI"を参考にしましたが、Googleマップより詳しいし、地図も見やすい。ただ、中岳南側から回れるのに、そこは国土地理院の地図が正確。やはり、山の道は、いろいろの地図を参考にし、最終的には行ってみないと分からない。

中岳展望台まで行けましたが、上りは結構ハードでした。次回は、中岳を中心にして逆時計回りで周回してみようと思います。

なお、私が中岳周回を初めたのは、2017年01月22日。
大河ドラマ「いだてん」の制作発表がされたのは、2017年4月3日です。
時間と地理的関係からしてなんと奇遇。
金栗四三とあいまって中岳も有名になって欲しいな~。

SnapCrab_182

SnapCrab_192
上、Googleマップ
下、国土地理院
SnapCrab_189

下、いつもNAVI。たいへん見やすい。
SnapCrab_186

02

カメラアップロード

SnapCrab_184
SnapCrab_185

SnapCrab_174
今日は、女山周辺を探索。八楽奥之院に初めて行きましたが、ここ、卑弥呼を祀ってあるということで、大きな卑弥呼観音像もあり、奥まったところに、こんなところがあったことにビックリ。

その入口際から、左に折れて上りで、いつもの道に、下って、女山のオルレコースをTAGETEで行けるところまで(階段のあるところまで)行って戻り。歩いたときはそう感じなかったのですが、30度ほど激坂上りもあって、心拍数は160超え。

また、いつもの道にでて、今度は、両側にみかん山があるところから曲がらず直進。ここは下りと思いきや、激上坂で、しかも、石がゴロゴロで転んだら怪我するだろうなとヤバイ道でした。ここら辺は立木も多く、晴天でも暗く、しかも寂しい。心拍数は、ここでも160超え。

もう一箇所行きたいところというか、地図では行けそうな道がありましたが、実際に行ってみたら、まったく人が通った形跡がないのでパス。

はじめて走る道は、道を間違ってないか、ほんとに行けるか、イノシシはでないか等、ずっと緊張しているようで、心臓はバクバクです(^^;)
DSC00213

SnapCrab_180
SnapCrab_181

DSC09167
(竹林の中の激坂が続きます)

女山展望台までは、電動アシストMTB・TAGETEで何度も行ってますが、今日は初トレッキングしてきました。女山までは、清水山のオルレコースがあり、所々にリボンが付けてあったので迷うことはなかった。このコース、電動アシストMTBでは上れない。長い階段があり、女山展望台(標高200m)までの1.2kmは超激坂。心拍数は150超えで、小休止を何度か入れて、なんとか展望台まで辿り着けました。T字のステッキは棒状ステッキよりは、T字の上に体重乗せられたので正解だった気がします。

一周して感じたことは、電動アシストMTBは勾配30度が限界ですが、人間の足というのは、ほんとによくできていると思う。どんな激坂でも、一歩一歩ゆっくり歩けば到達する。素晴らしいです。

でも、私には向いてないな、です。電動アシストMTBの場合は、きつくて山頂までたどりつけない場合は、反転して下ればいいだけで、ブレーキングは必要ですが、体力的にはなんの負担もない。トレッキングは下りでも用心して降りないと転ぶ危険ということと、膝の負担というものも考えていなければならない。ということで、トレッキングは、これが最初で最後にしておきます。

SnapCrab_136

SnapCrab_137
127 bpm/平均心拍数  160 bpm/最大心拍数
SnapCrab_138

SnapCrab_139
杖はI型にもT型にも持てるタイプ選びましたが、激坂上る際は、取り手のT型を真横にして鉄棒を引き寄せるような感じでWで使ってました。

DSC09176
今日の日の為に、帽子と杖を準備しました

DSC09181
紅葉も今日で最後。乾いた落ち葉もきれいでした

DSC09194
女山の展望台からのパノラマ写真です。クリックして拡大して下さい
快晴で、遠くまで見渡せました。

DSC09214
斜面一面、赤い紅葉のジュータン

DSC09207
サザンカの花もたくさん咲いてました。
花びらも道にたくさん落ちてて、その上を歩くのは超贅沢な気分。

DSC09153
童男山古墳群←ハ女中央大茶園展望所は、八女オルレコースの一部。
今日は往復しました。結構ハードですが、トレイルライド満喫のコースです。
SnapCrab_132

SnapCrab_133

125 bpm/平均心拍数  161 bpm/最大心拍数
SnapCrab_134

DSC09148

DSC09048
久留米の高良大社付近を周回してきました。南の麓を走る逆時計回り。
なだらかな上り坂で、耳納の峰を通る道にでる時が、少し勾配がキツカッタくらいで、心拍は140止まり。楽なコースです。写真は南側でただ一か所、落葉と紅葉がきれいなところでした。
Snap_03

Snap_04
104 bpm/平均心拍数  140 bpm/最大心拍数
Snap_05

DSC09065
いままでカメラを自転車のフレームのボックスに入れてましたが、取り出しが面倒でした。それでリュックにカメラーケースを止めてみたところ、バッチリーでした。 カメラはSONY RX100。さっと出して、さっと仕舞えます(^_^)

DSC09015
人間の足とは、ほんとに便利にできていると、つくづく思う。どんな激坂でも、また、大きい石、小さい石があっても上っていけるし、倒木があっても乗り超えていけるし、速さはともかくオールマイティというところは敵わない。ということで、ちょっと歩いてみるかぁ~で、杖を購入してみました。これで貧足が多少とも補えるかは? 購入先→ここ

DSC09011

女山に続く別ル-トをと思ってマップにある道を行ってはみましたが、あまり行きもせず断念。道が荒れているもんじゃない、石はごろごろだし、木は倒れ込んでいるし、TAGETEではとても走れない。清水山はなかなか手強い、
SnapCrab_114






↑このページのトップヘ